BLOG

業界初「買い替え割」サービス運営クラウンジュエル宮澤社長インタビュー

miyazawa_top3
11月15日より、ZOZOTOWNにて、洋服の下取り割引サービス「買い替え割」がスタートしました。
買い替え割は、お客様が商品をご購入する際、購入履歴から「下取りに出したいアイテム」を選択すると、その場で下取り金額分が割引されるサービスです!
詳しくは、ぜひこちらもご覧ください。

通常、「下取り割引」というと、下取り商品の現品と引き換えで割引されるのはよくあるケースですが、今回の買い替え割は、「商品購入時にその場で割引し、後日下取り商品を発送いただく」という、業界初の取り組みなんです!!

kaikaewari

そんな「買い替え割」サービスは、「ZOZOUSED」・「ZOZOTOWN買取サービス」を運営する株式会社クラウンジュエルが運営しています。今回は、「買い替え割」をスタートしたきっかけや業界初の取り組みができたわけ、今後の展望などをクラウンジュエル代表の宮澤さんにインタビューしてきました。

  • ・買い替え割を開始したきっかけは?
  • 宮澤: ZOZOTOWNで「売って買う」っていう新しい流通サイクルを生み出す構想はZOZOUSEDを始めた2012年頃からずっとあって。ZOZOTOWN買取サービスもやっている中で、お客様が着なくなった洋服を売ったお金でまたZOZOで新しい洋服を買っていただくにはどうしたらいいか考えていたんですよ。それで、新しい商品を買う時にカート画面で下取り値引きできたらいいんじゃないかなって提案したのがきっかけですね。



    miyazawa

  • ・業界初の取り組みが実現できたワケは?
  • 宮澤: ZOZOTOWNでは「誰」に「何」を売ったかというデータがあります。つまりお客様のクローゼットに何が入っているのか、それはいつ発売し、どのくらいの価格だったのかということがわかるため、モノを実際に見なくても下取り価格を算出することが可能になりました。また、昨年スタートしたリユースバッグを開発したことによって、買った商品と一緒に返送キットを送ることが可能になり、下取り商品を非常に簡単に回収ができるようになったのも大きな要因です。


  • ・サービス開始までに大変だったことなどは?
  • 宮澤: オペレーションやキャパシティの課題もあったし、値付けについては「適正な価格がつけられるか」、「商品のロスや回収のロスはどのくらいあるのか」などリスクもあったから、去年数ヶ月くらいテスト運用しながら見てましたね。


  • ・サービス開始してからお客様の反応は?
  • 宮澤: 新商品の購入時に、クローゼットの整理と割引も同時にできて、すごい簡単で便利というお声をとても多くいただいています!ただ下取りアイテムの金額が予め分かるので、思っていたより安かった時は残念という声も聞きます。下取り金額は、今色々と工夫できるように取り組んでいるので改善したいと思います。感触としては非常によい反応をいただいてますね。


  • ・買い替え割だけでなく、ZOZOUSEDや買取サービスも含めて今後の展望は?
  • 宮澤: 大前提として「ファッションがもっと楽しいものになればいいな」と思っているので、着なくなった洋服が売れたり、下取りで値引きされるから新しい洋服を購入しやすくなったり、中古も新品も含めて選ぶのが楽しいとか、掘り出しものを探すのが楽しいとか。そういうところを「リユース」は目指していくべきだと思います。お客様に楽しんでもらえる環境を作っていくことが正解なんじゃないですかね。


  • ・業界では新品と古着と分けて考えられることが多いのでは?
  • 宮澤: そうですね。たとえば車だと新品と中古を同じ場所で売ってるので、ファッションでもそういう世界をつくれたらいいのかなって思います。日本人は「もったいない精神」を持ってるから、きっと利用してもらえるはずだし、結局ファッションでそういうことができているところはまだないから、世界で初めて、新品中古の洋服を分け隔てなく流通できるような場にしたいと思っています。


  • ・今、二次流通市場自体は盛り上がっている?
  • 宮澤: ここ数年は低単価でトレンド感もあるブランドも非常に多く、スマホでポチっと買えるような便利さも当たり前になっています。そんな中でリユースはひと昔前に「憧れのブランドや高級アイテム」だけを対象としていたのが、フリマアプリなどの登場によって「カジュアル品や日常アイテム」も対象になっています。全体的に中古品への抵抗感は薄れた気はしますが、一概に「二次流通が盛り上がってるよ!」とは言いづらく、これだけ多くの選択肢の中でユーザーはとても賢くなっていると感じます。「何を、どこで買うか、どういう気持ちになるか」が重要になってくる。ただ便利なZOZOTOWNというだけでなく、ファッションを楽しむ場として、ZOZOUSEDなどの二次流通が、一次流通やお客様をサポートできるような存在になれるといいなと思っています。



    宮澤さん、ありがとうございました!今回の「買い替え割」を通して、「着なくなった洋服を売って、新しい洋服を買う。」という体験がさらに身近になっていったらと思います。

    最後に・・・
    S__23093250この日の宮澤さんのコーディネートのテーマは「立ち読み姿(※)がイケてるファッション」。

  • ※あくまでもテーマです。


  • 靴下以外は全て「ZOZOUSED」で購入したそうです。洋服は大体ZOZOUSEDで購入されるそう。自社サービス愛に溢れてる!