BLOG

ZOZOスタッフが紹介!カラコンをナチュラルに楽しもう!

11月15日(火)に、ZOZOTOWN初となるカラーコンタクトレンズ専門店がオープンしました。

「ZOZOTOWNでカラコン?」と思う方もいるかもしれませんが、最近では洋服やメイクと同じく、ファッションとして気軽にカラコンを楽しむ人も多いんです。

スタッフの中にもカラコン愛用者は多く、今回のショップオープンの前にはカラコンを選ぶときのポイントやこだわりをスタッフにヒアリングして意見を取り入れました。その結果、レンズの大きさや、度あり・度なし、ワンデー・一ヶ月など、詳細を絞りこんで検索することが可能となっています!

ということで、今日は社内のカラコンユーザーにカラコンの楽しみ方を聞いてみました!

S__22298652

今回のショップオープンを担当したブランド営業部の横川さん。

横川さん: 私自身、もう10年以上カラコンを愛用しています!

今回のオープンに際しては、ZOZOTOWNのお客様の平均年齢が30歳くらいでスタッフも同年齢の人が多かったので、まずスタッフにアンケートをとりました。そうすると意外とカラコンを使ってる人が多くて、「色のついている部分が大き過ぎるのは派手で苦手」とか「自然に瞳のカラーだけ変えたい」という声が多かったので、ナチュラルなものや大人向けの商品を沢山取り揃えています。

選ぶ時のポイントとしては、ハーフっぽい顔にしたいならフチが薄めで真ん中の方まで色が入っているタイプ、目を大きくしたいとかかわいい雰囲気にしたいならフチだけに色が入っているタイプがおすすめです。

S__22298653

続いて、スタートトゥデイ工務店バックエンド部の津田さん。

津田さん: 元々は派手な顔になりたくてカラコンを使っていたのですが、今はナチュラルで色素が薄く見えるくらいのものを選んでいます。以前はギャル向けの派手なカラコンしかなかったのですが、最近は大人向けのものも沢山でているので、すごく使いやすいです。

着色直径でも雰囲気が変わって、大きいほど盛れるので、仕事のときはDIA14.2mm でお休みの日は14.5mmとかで使い分けてます。

S__22298654

こちらは、プロジェクト推進部の中村さん。

中村さん: 選ぶポイントは白目:黒目:白目のバランスが1:2:1に見えること。それが一番バランスがいいらしいです。ZOZOで売っているカラコンにも表記がありますが、「DIA」と言うのがコンタクトの外周の大きさで、「着色直径」が色がついている部分の大きさなんですけど、私の場合着色直径13.8mmくらいがよくて14.0mmを越えるとギャルっぽくなっちゃいますね。

オープン前にカラコンユーザーのスタッフにヒアリングがあったので、「DIAと着色直径はそれぞれ記載した方が絶対いい」という話もしました。ショップを見てみたら両方丁寧に書いてあったので、選びやすいと思います!

S__22298655

ラストは、プロジェクト推進部の藤本さん。

藤本さん: なるべく着色直径が小さくナチュラルに見えて色が付いているものを選んでます。黒髪のショートで幼く見られがちなので、ちょっと大人っぽくなるかなと思って。

メイクとのバランスも大事で、私は色のあるリップを使うのでカラコンをするときは薄くアイシャドウをするだけにしてます。やりすぎるとケバくなってしまうので気をつけています。

※ご紹介したカラコンはスタッフの私物です。

派手になってしまいそうなイメージのカラコンですが、最近は着色直径が選べたりカラー展開も豊富で、よりナチュラルに好みに合わせて楽しむことができるんですね!

普段からカラコンを使っている方も、これから使ってみたいという方もぜひショップをチェックしてみてくださいね♪

■ CONTACT LOVISION(コンタクト ラヴィジョン):http://zozo.jp/shop/contactlovision/

■ Luvlit Contact(ラブリット コンタクト):http://zozo.jp/shop/luvlitcontact/